NPO・NGOを寄付支援するファンドレイジングサイト
支援団体数:  団体 全体支援者数: 
支援金累計額:第1回目決算後に表示予定

支援SIMファンドビレッジ寄付規約

本規約は、アイストリームSIMサービス(以下「支援SIM」という。)の利用者が当該サービスを利用した支援に関する条件を定めるものであり、アイストリームSIMサービスの利用規約に付随するものです。
支援SIMの利用者は、支援SIMの利用に際し、以下のいずれかを選択することができます。

(1)支援SIMによる支援に同意し、支援先として特定の登録NPO(単独または複数)を指定する。
(2)支援SIMによる支援に同意し、支援先として登録NPO全体を指定する。
(この場合、寄付金は登録NPO全体に平均されて支払われます。)

本規約は、全ての支援SIM利用者(以下「支援者」という。)が、支援SIMの利用により、本規約に基づき、支援SIMを利用する際に、当社のFV支援サービス(ファンドビレッジNPO法人等登録規約にて定義)に登録したNPO団体(以下「登録NPO」という。)に対し、当社を通じて間接的に寄付を行い支援することを合意するものとします。

第1条(支援SIMによる寄付)

  1. 支援SIM利用者のうち、本寄付規約に同意した者(以下「支援者」という)は、自己の責任と判断により選択したNPO団体に対し、支援SIMの利用料のうち、当社所定の方法(本規約末尾に記載します。)により算出された金額を、当社を通じて寄付(以下「SIM利用支援」という。)するものとします。
  2. 当社は、支援SIM事業に関し、当社の新規支援事業計画に必要な内部留保分を控除した純利益を、取締役会の決議によって登録NPOに対する寄付(以下「FV寄付」という。)に充てるものとします。支援者は、当社の事業年度において支援SIMに関する事業の純利益額が存在しない場合は、当社からのFV寄付は行われないことを理解し、これに同意するものとします。
  3. 支援者は、登録NPOの活動内容や結果の如何にかかわらず、SIM利用支援が行われるものであることを確認します。
  4. SIM利用支援を行う旨の手続きを行った場合、支援者がかかる支援を終了するまでは当該手続きにしたがったSIM利用支援が行われます。支援者は、自己の裁量により、SIM利用支援を終了する旨を選択することができ、かかる選択は、選択が行われた月の翌月から反映されます。

第2条(寄付の方法)

  1. 支援者は、SIM利用支援を、自ら指定した登録NPOに対し、行うことができます。支援者は、自己の裁量により、支援先の指定、変更の手続きを当社所定の方法により行うことができ、これらの変更等は、これら変更がなされた日が属する当社の支払い月の翌月よりFV寄付金額の算出の際に反映されます。
  2. 特定の登録NPOに対し、当社が実際に出捐するFV寄付は、当社の事業年度末日開始日において当該NPOを指定している支援者による支援SIMの利用料の総額に基づいて算出されます。支援者がSIM利用支援の支援先として指定した登録NPOが何らかの理由でFV支援サービスの登録抹消その他NPO活動を停止した場合は、当社は、支援者が当社に支払う支援SIM使用料のうち、前項にSIM利用支援として充てられる額と同額を全ての登録NPOで均等に分割した額をFV寄付として出捐するものとします。
  3. 当社は、当社の支援SIM事業の売上げより、新規支援事業計画に必要な内部留保分を控除した純利益の全額(100%)を、出捐します。登録NPOに対しては支援者個人が自らの名前で寄付をするものではありません。
  4. FV寄付の額は、当社の事業年度末日開始時点において、当社のFV支援サービスへの登録NPOの登録に基づいて算出されますが、FV寄付の支払い日において、当該登録NPOのFV支援サービスの登録終了・解除その他の理由により当該登録NPOに対する支払ができなくなった場合は、かかる登録NPOに対するFV寄付金額は、他の登録NPO全てで均等に分割して支払われるものとします。

第3条(免責事項)

  1. 当社は、当社の合理的な基準により、適切な団体を登録NPOとして選定するべく、合理的な注意を払っていますが、登録NPO、その構成員、及び活動の合法性、信頼性、安全性、及び情報の正確性、及び活動の継続性について保証するものではなく、これらに関し、当社は責任を負いません。
  2. 当社は、登録NPOとは独立した関係であり、当社のFV支援サービスを通じて支払われた寄付の結果に関し、責任を負うことはできません。
  3. 当社は、FV寄付の額の算出に際し、合理的な注意を払いますが、その算出に際し、一切の誤謬が存在しないことを保証するものではありません。FV寄付額の算出に際し、何らかの誤りがあった場合でも、当社は支援者に対し、何らかの責任を負うものではありません。
  4. 当社は、登録NPOと支援者(支援者となろうとする者を含む)との間に万一紛争が生じた場合においても、これに関し、責任を負わないものとします。

第4条(使途)

FV支援サービスを通じて支払われた寄付金の使途は、登録NPO団体の自由な裁量に委ねられ、支援者の意思又は当社の意思に拘束されるものではありません。

第5条(返還)

  1. FV寄付は、当社の規定により支援者が当社に対して支払うべきサービスの対価の一部を、当社が株主への配当に代えて、自らの支援に充てるものであり、支援者は、もともと当社に対してサービス利用の対価の支払義務を負っている以上、いかなる場合であっても、支援者が支払ったSIM利用料からSIM利用支援に相当する額の返還を求めることはできません。
  2. 当社は、登録NPOに下記のいずれの事由が生じた場合であっても、当該登録NPOに対して当社が出捐したFV寄付の返還を請求する義務を負いません。ただし、当社は、当社の合理的裁量においてそれが適切と判断する場合には、該当する登録NPO又はその関係者に対し、当該金額の返還請求又はFV寄付の使途について一定の意思表示を行うことがあります。

    登録NPOが解散、その他活動の停止を行った場合

    登録NPOの表示する活動内容に事実と異なる又は誤解を招くような記載・表示が存在した場合

    登録NPOがFV支援サービスの登録時に事実と異なる内容の登録を行った場合

第6条(情報の開示)

当社は、当社が行うFV寄付の状況、支援者によるSIM利用支援の状況に関し、当社が適切と定める方法において、情報の開示をいたします。情報の開示方法は、当社のウェブページ上で開示いたします。支援者からの個別のお問い合わせには、対応できませんので、その点予めご了承ください。

第7条(規約の変更)

当社は、当社の合理的な裁量により、本規約を変更できるものとします。当社が本規約を変更した場合(登録NPOに対する寄付額の算出方法を含みます)、当社の判断により以下のいずれかの方法でその旨を通知するものとします。変更後の規約は、かかる通知において、変更後の規約が有効となる旨記載されている日から有効となるものとします。支援者は、かかる変更に同意できない場合は、本規約第1条4項に従い、本規約に基づく支援を終了することができます。

(1)当社ホームページ上への掲載

(2)支援者が当社に登録した電子メールアドレス宛の電子メールの送信

(3)その他当社が適切と判断する方法

第8条(準拠法および管轄裁判所)

本規約は日本法に準拠し、本規約に基づく紛争は、東京地方裁判所を第一審の専属的管轄権を有する裁判所とすることに合意するものとします。

附則

本規約は平成27年12月21日から施行します。

別記: 第1条1項における当社所定の方法

当社のSIM利用者は、FV支援サービスに登録されたNPO団体のプロジェクト内容等を閲覧して、下記のいずれかを選択します。

(1)支援SIMによる支援に同意し、支援先として特定の登録NPO(単独または複数)を指定する。

(2)支援SIMによる支援に同意し、支援先として登録NPO全体を指定する。
(この場合、寄付金は登録NPO全体に平均されて支払われます。)

当社は、決算期において、上記(1)、(2)全てのSIM利用者から得られた利用料に基づき、当社の新規支援事業計画に必要な内部留保分を控除した純利益を算出します。
その上で、当該寄付金額に、上記(1)、(2)全てのSIM利用者の総利用料額に対する、(1)及び(2)のSIM利用者による総利用料額の割合(%)を乗じたものが、登録NPO全体に支払われる寄付金総額となります。
各登録NPOに対する寄付金支払額は、各登録NPOを支援した支援者の利用料の合計を算出し、その額に応じて全寄付金額を按分して算出します。当社の事業年度の途中で、(1)の選択を変更し、又は、支援先の登録NPOの指定を変更した場合、FV寄付の金額算定については、変更のあった日が属する当社の支払い月の翌月よりかかる変更が反映されるものとします。